本当に欲しいものはお金を借りても買う!

お金を借りたいとき、ローンを含めて考えると、やはり「家」や「自動車」などが一般的ですね。

私の場合、基本的にお金を借りてまで何かを買ったり、何かをしようという考えはありません。カードローンは嫌いですし、友人や知人からお金の貸し借りをすることで、人間関係が壊れるのが嫌なのです。

そんなわけで、「いつもニコニコ現金払い」というのが私の主義なのですが、そうもいってられないものがひとつだけあります。

それが「パソコン」です。パソコンは毎日の仕事に使うのはもちろんのこと、趣味の作曲活動やさまざまな動画の編集などさまざまな用途に使っています。

このため、家電量販店でよく見かける10万円程度のパソコンではスペックが足りないので、ネットでカスタムパソコンを注文し、フルスペックのパソコンを買うようにしました。

仕事はいちばん安いノートパソコンを予備で持っているので、それを使っています。

このカスタムパソコンは、店頭販売しているものより安く手に入るのですが、それでも30万は越えますので、ローンを組むことになるでしょう。

ローンが組めない場合は、クレジットカードのリボ払いやキャッシングのサービスを使うことになりますが、なんにせよお金を借りていることに変わりはありません。この場合、少しでも利子が低い方法を選びたいものです。

さて、お金に困っている場合どうするか。

まずは通販の買い物を控えます。気に入った服があればすぐ買ってしまう癖があるので、まずはそこからです。
次に、食費。

肉は豚の小間切れか豚挽き肉にします。これだけでも普通にお肉を買うより随分安く済みます。どうしてもガッツリ食べたいときは鶏のむね肉を買います。

鶏肉は単価が比較的安いのですが、モモ肉よりむね肉のほうが、味は劣りますが数割安いので選ぶ価値があります。

野菜はもやしに限定します。それだけだと飽きてしまうイメージがありますが、調味料を変えるだけでも意外と飽きないものです。

また、納豆はタレなしのものを選び、生鮮品以外はプライベートブランドのものを買っています。

借金(借入)をすること自体決して悪いことではありませんが、せめて上限は決めておきましょう。

そして、お金を借りる前に自分のお金の使い方を見直し、できるだけお金を借りないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です